エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場でリンゴから作られるシードルを味わう

エストニアの冬はマイナス20度にもなることがあるほど厳しい寒さのため、ワインのためのブドウ作りはほとんど行われていません。代わりによく作られているのが、リンゴなどの果実やベリーのお酒。

現地ではアルコール入りの果実酒のことを「サイダー」と呼びますが、日本でサイダーというとノンアルコールの炭酸飲料を指すので、ここでは一般的な「シードル」という言葉を使うことにします。

今回訪れたのは、エストニア西部、ソーマー国立公園(Soomaa National Park)に隣接する、トリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場(Tori Jõesuu Cider and Wine Farm)

Origin text